自然と共に生きる

砂漠になった土地や

マイクロプラスチックだらけの海で

あなたやあなたの子孫は生き続けることができますか?

私たちは、地球の全ての一部として、生かされています。

あなたが、頑張って生きていると考えていても

自分の生きている周りの全てに支えられて生かされている事実に変わりはありません。

現実に生きているということは、

無意識に

空気を吸っています。

水が3日、無ければ人は死ぬそうです。

水はあなたが創りだすことはできますか?

○○工場でボトリングされた水をお金を払って手に入れているだけです。

自治体で整備された水道網を通じて

あなたの基に配管されている水道水の蛇口から得られています。

自然豊かな山間で清流の流れる土地で有れば

あなたがその場に行けば自然の恵みであるおいしい水を得られます。

食糧は1か月無くても命を落とすことはないそうです。

しかし、あなたが

自給自足生活をすれば、自分で食料を確保できますが、

土地も栽培のための種も

オーガニック栽培で、無農薬、無化学肥料栽培を目指しても作業用の道具も必要です。

人は一人で生き続けることは、不可能なことが良くわかります。

こんな名言をツイッターで今日、知りました。

森へ ゆこう。

いちばん だいじなものが

森のなかに ある

きみの いちばん たいせつなものが そこの ある。

出典 詩人、長田弘「森の絵本」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です